2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

長らく探していた病院に行き着いた。
自宅からそぉ遠くもないとゆうのはわかっていたんやけど、

カセサート大学付属動物病院タイ語サイトのみ
だから私もなかなか見つけられへんかったんです。

王様の飼われている犬トンデンもここで診察を受けているとか、
24時間態勢です。 専門医もいたはります。  

私はスズのフィラリア注射、近所へ行っていますが、
検査になると断然この病院がお勧めです。
それにしても、ここは患者とその飼い主で見事に待合は溢れかえっています。

 カセサート大学付属動物病院、こんな通路が2本ありますが、溢れているのはここではなく・・・

 カセサート大学付属動物病院通路以外にここで待ちきれず外にも・・・・


やっぱり、犬がよぉけ連れられて来ています。 
ストレッチャーに横たわり点滴を受けている犬、十頭余り、
犬の場合は一日仕事になるやも知れません. 

通常の診察時間には、総勢50人あまりの医師がローテーション、
診察室10室以上、手術室、エコー、勿論レントゲン・・・・
しかも1頭あたりに掛ける時間が結構長い。

そして私の掛かっている先生は・・・・・



 

主にげっ歯類と鳥類が専門
 私の前の患者さん、このウサギさんは片足がなく、目が見えませんでした


そして、私が連れて行った子は
この子、体重200g、ジジを死なせて仕舞って、どうしてもこの類を何とかしたいと思ってますが・・・・餌、大変です。何せ生餌ですから・・・・

感染症にかかり、右足骨折しているのを引き取って来ました。
足の骨折といってもギブスをするわけでもなく、そのまんまです。
だから足がまっすぐになるわけではないのです。

今は感染症は治り、羽ばたいて飛ぶ練習をしてます。


当分、通院します。


Local Information
カセサート大学付属動物病院へ行こうと思われる方へ、地図です。
タイ語でなくても英語が出来れば大丈夫です。
症状や経過、食べ物、様子を前もって英語で書いて行くと説明の手間が省けます。

地図

 
スポンサーサイト
サワディ~カ~ クンyukacan
日本のことはわかりませんが、きっとあると思います。
タイではペットを飼われている方が多いですが、
フクロウや隼は流石に少ないようで、
しかも障害のある鳥など皆無に等しいです。
この後、目覚しく回復してきました。足は不自由ですが、
飛ぶことは大丈夫なようで、昨日、塀を越して行ってしまってあわてました。
from:takoome URL  2007-06-01 Fri  [ Edit ]
こちらへのコメントご無沙汰しておりました。日本の獣医大学付属病院もこんな感じなのかな。タイでもこんなにペットを飼う方がいらっしゃるのですね。でもTKOさんのはさすがに珍しいのでは?足の組み方がおかしいけど、痛いのでしょうね。お大事に!
from:yukacan URL  2007-06-01 Fri  [ Edit ]
サワディ~カ~ クンriku
日本にもあると思いますよ、
てか、専門病院があるみたいね、やっぱり東京方面ですかね、
鳥ですからねぇ、大雑把です。薬だって多分、半分は吐き出してるし、
でも、元気になってきました。足はダメですし、止り木に止まれません。でも微妙なバランスで手のひらでじっとしていることが出来ます。それに飛び立つことは出来ませんが。飛び降りることは大丈夫、
どこまで動き回れるかな? 期待してます。
from:takoome URL  2007-05-25 Fri  [ Edit ]
大学付属だからでしょうか、すんごくおっきな動物病院ですね@0@
日本てこんな大きなとこないですよね??あるんでしょうか。
私の頭の中では動物病院=小さいこじんまりしたところ、というイメージだったのでオドロキです。タイの方達と動物、深い関係なのですね。
takoomeさんのトリちゃん、足が何とも痛々しい姿ですが・・・飛べるようになりますように!
from:riku URL  2007-05-25 Fri  [ Edit ]

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://takoome.blog27.fc2.com/tb.php/358-f83c48dc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。