2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

どなたも一度はと言わず聞かれている有名な曲です。

私がアコーデオンをするきっかけの「お陰さまでの人」も弾いていました。
勿論、パブでクラシックはないですから、そこから移行するのですが、  
土曜の夜はオレイリー

その先の曲、なんか・・・聞き覚えのあるような、でも何? 
酔ぉてるときに名前聞いてもわからんしなぁ・・・・
パッヘルベルのカノンD?・・・・んなわけかぁ~?


探してもそんな曲、アイリッシュバージョン、見つかるわけもなく、
だって・・・アイリッシュのほとんど曲名も知らんのです。

てか、今でも知らんのですよ・・・・
一人で練習していると、音源なしの蛇腹と楽譜だけです。
人と合わせるんでないし、曲目なんか関係ないですから、
webなんて、知らん私が探すんやから何ほどの発展性もないわけで、

蛇腹のDVD Learn to Play Irish Button Accordion:John Williams 
Learn to Play Irish Button Accordion John Williams 
 
この中でも彼が弾いたはります。


弾きたい・・・・楽譜ないけど耳コピで出来るんやなぁ、
でも邪魔臭いし・・・・・ブツブツ・・・・・

「何ゆうてんの、こんなんコードやんか!!!」
レイジに一喝されてしまいました。
「Pachelbel CanonD」
ただ今、いろんな楽器で練習してるんだそうで、

「お母さん、出来るやろ? 簡単やん」
言われてもねぇ、自信ありませんから、
あんたは音楽専攻してるから簡単にそんなことが言えるんよ、
相手が誰でも 事、音に関してはぜんぜん優しくない息子です。
 
  
少し前に見つけたんです。楽譜、
「P Joe's Pecurious Pachelbel Special」ってゆうんだそうです。
これが楽譜、これしか紹介できないのが残念

嬉しかった、  でも、レイジには言わない。
クリスマスには何とかメロディーラインだけでも・・・・
そんで、
「レイジ、合わせてみよか!」なんてでっかい口を利いてみたいもんだ。
(う~ん,メロディーラインだけで合わせよっかってゆうのも悲しいなぁ)
 
私を幸せにしてくれたblogです。 ありがとぉ、せばすちゃんさん
「せばすちゃんのバイオリン奮戦記」

ここの主題「Pachelbel Special」 
音源を紹介できないのが実に残念です。
スポンサーサイト
さわでぃ~ クンPokopen 再び
いろいろあるんだ・・・

私、未だに思い続けているることがある。

「何時、運命の人が現れるかわからん」
すでに何人現れただろうか状態・・・・(^v^)

私、待ってるんだ・・・・・・これからも、
ひょっとしてそれは・・・・あなたかも? <m(__)m>

ま、がんばろぉ、あなたは貢物を捧げるために、
私は健全な貢物回収ができるために、
from:takoome URL  2006-11-28 Tue  [ Edit ]
Pokopenの七不思議のひとつ
パパーンには複雑な事情があって、今いっしょじゃないの。
ホントのパパーンはどうなってるの?だし^^
ダカラ。。。
貢物は、うちのママーンが『独り占め』してるのサ。

PS:だからって、どーってことないけどね^^
  しいて上げるなら、インドVisa取る時、テテ親の名前書くのに困ったぐらい^^ だって知らねーモン
from:Pokopen URL  2006-11-28 Tue  [ Edit ]
サワディ~カ~ クンPokopen
音の話は子供が乗ってくれるかわからんです。

でも、Pokopenさん、パパーンさんとママーンさんでしょ、
ウチのパパーンは仕事人間とゆうのか真面目とゆうのか、
早い話、子供と深い関係なのに深くない関係で、
私が一人で美味しいとこも不味いとこも、まとめて背負い込ませてもらいました。

だから、貢物が入ってきたならば・・・・全て私のもの。
・・・話がどっかへ飛んでいった。。。。。
from:takoome URL  2006-11-28 Tue  [ Edit ]
親子で。。。
親子で出来るなんていいですねー
同じ趣味なら出来るんですよね^^

ボクの場合(同じ趣味)を考えると。。。
1:パパーンと悪巧み合戦
2:パパーンと格闘技合戦
3:ママーンと嘘つき合戦
。。。楽しそうじゃない( ´Д⊂) あう‥
from:Pokopen URL  2006-11-28 Tue  [ Edit ]
サワディ~カ~ クンせばすちゃん
ありがとうございます。探してみます。
日本は「リバー・ダンス」以来、人気ですもんね、羨ましい至りです。
でも、日本にまだ住んでいたら・・・・蛇腹はやっていなかったと思います。
何が幸いするんだか・・・・・

from:takoome URL  2006-11-28 Tue  [ Edit ]
はじめまして! せばすちゃんと申します。トラックバック有難うございました^^

Pachelbel Specialカッコイイですよね♪ リバー・ダンスで有名なフィドラー、アイリーン・アイヴァースは「Pachelbel Frolics」という曲名で弾いています。こちらはクラシック・バージョン~アイリッシュ・バージョンへと移行するので、そのギャップが面白いですよ。機会があればチェックしてみて下さい^^
from:せばすちゃん URL  2006-11-28 Tue  [ Edit ]

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://takoome.blog27.fc2.com/tb.php/324-8918c546

カノンカノン(Kanon, Canon)あるいはキャノンとは、棒、定規、基準、規範等を意味する古代ギリシャ語のカノーン(κανων, kan?n)を語源とする語でもあるが、古代か
miyabiの記録 2007-01-31 Wed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。