2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

今日は小松菜モドキで作りましたが・・・、何でも使えます。
白菜、青梗菜、青菜類、などなどオールマイティーです。
それはもぉ、あなたの腕に掛かっています。

8c86814a.jpg



材料
小松菜モドキ   一束
豚肉     50g~100g〔少ない目で十分〕
〔細切れでもミンチでも部位はどこでも〕
ニンニク   3片
トンガラシ  2個
炒め油    大さじ1〔何でもいい〕
ナム・プラ~ 小さじ1/2
タオチオ   小さじ1/2
水      大さじ3~4
隠し味に砂糖 少々 


1、中華鍋にオイルを入れ、弱火でニンニクとトンガラシを炒める。
  〔★ゆっくりと、この香り、トンガラシが多いほど、咽るが、そうでなくては美味しくない〕
2、豚肉を入れて炒め、野菜を入れる。野菜から水分が出てくれば、水の量を減らす。
3、調味料を入れる。自分好みの味に仕上げる。

これだけなのだが・・・・調味料の説明を、


ナ~ム・プラ~は皆様ご存知:小魚を発酵させたものの上澄みを、熟成させて作る
<魚醤>なので、中身は醤油というより「しょっつる」に近い。独特の匂いを放つ。
69779e67-s.jpg


ナム・プラ~工場の話〔旦那のblogから抜粋)
工場といっても、魚を塩とともに漬け込んだプールがいくつも並ぶ。
雨にかからないように、トタン屋根がかぶせてるだけ。
後は1年から2年の発酵を待っている。
最初のとたんを空けて、コップに入れたナンプラの香りと味をみる。
1年物で、塩辛い。香りは特有の香りをしていていわゆるタイ料理の店の香り。
次のコップは、コクがある。2年目とか。
3年目以上有るのかと聞くと、それ以上長いものはない。
2年目で売れてしまうのか?話を聞くと、大手のブランドが購入して売るらしい。
1番絞りの後も、残った塩をこして2番絞りを出すことや、再度活用することもある。
味や香りの加減はどうも定かではない。以上

c9fea878.jpg

★豆鼓、タオチオといいます。
大豆を原料とした調味料です。
中に大豆の粒がたくさん入っているのが特徴で、
味噌を薄めたような感じがします。
〔ペースト状になっているものもあります〕
今回紹介したような炒めもの、御飯もの、スープ、タレなどに使えます。
日本人にはとっても馴染み易い味です。 


「タオチオ」ナム・プラ~に勝るとも劣らぬ調味料です。

是非、一度お使いください。
スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://takoome.blog27.fc2.com/tb.php/238-d8dfb9fc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。