2007 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
葉月もいよいよ最後の日、
今年も8か月終りました。
日本は秋色になって行きますよね、

こっちは・・・・・まだ雨季ですかねぇ、

さて、夏に痛んだお肌のために
どこにいても作れるローションを紹介します。
まるでどっかの化粧品サイトのようですが・・・・・


花のように美しく・・・・


ドライハーブを使いますが、生でもいいですよ、

ローズマリー10g、 ペパーミント10g、 
ローズ5g、    レモン5g、  
ラベンダー5gなど
これだと手に入りやすいでしょ、

一応、目安の量ですが、私はもう少し多く入れてます。
そして、ウォッカ300ml、 
2~3ヶ月しっかりアルコールに抽出してもらって、
その間、涼しくって直射日光が当たらないところへ,
日に1,2回降ることが条件。

頃合を見計らってコーヒーフィルターなどで漉して原液の出来上がり、

原液1~3、飲み水8~6、そして1は・・・
薬屋さんで買ったグリセリンと、お台所にあるビネガー、
出来上がりです。
水はよく蒸留水とか書れていますが、私は飲み水を使用、
防腐剤を入れませんので1~2週間分を作ります。
個人的には乾燥地域の方には
オリーブオイルを数滴入れることをお勧めします。

especially 生卵の殻の内側についている薄皮を事前に取っておいて
乾かしたものを入れます。
美白効果です。
 

クレランさん、作ってみてください。◇ 
... 続きを読む
スポンサーサイト
言葉 2007-08-29


巧みに操れるのは大阪弁、

聞き苦しく話せるのはタイ語、
もっとすごい状態が英語、

今日、会社の増資の話しで否が応でもタイ専門用語の世界へ・・・・

そこで気が付いた。



相手の話に入らないと言葉は成長しない。

自分よがりの会話に進歩無し。


誰も住んでいない家の壁

 



いつものように植木市に出かけた。

雨が降るかもしれない。 
でも、それまでに帰るつもりで傘は持って行かない。

今日はいつもと逆周り、何気に歩いてまわります。

ん? 急に心と体が引き裂かれた様に、
体は前に、心はその香りにひっかっかったまま、

その香りって・・・・この木、イヌヒバです。
イヌヒバ


子供の頃の家の生垣、この木でした。

冬でも黒々と茂っていました。
木を撫でながら歩くとこの香りが・・・・・
木を折ってみると、脂がつきます。
家族で剪定したんやった。後の掃除が嫌やったし・・・・
あの頃は、仕事を増やすこの木が嫌いでした。

そんな思い出が洪水のように一気に流れ込んできました。  


 

香りの記憶、

意外な所で、留め金が外れてパタパタパタ・・・・

折りたたまれたお城が広がるように

一瞬にして出来上がってしまいました。


さて、出来上がったお城、どぉしましょうか、





作ってます、この水。 

日本にいてたら、きっと美しい肌になっていたに違いない私の秘密の水。

こんなんですけど・・・・原液


 
美しい瓶に入れてお見せするとよかったんでしょうが・・・・

実際はこんなもん、舞台裏です。
絞りかすは・・・・茶殻のようになっています。

雪ノ下、牡丹皮、ウワウルシ、当帰、芍薬、カンゾウ、
ローズマリー、カモミール、枇杷の葉、桃の葉、十薬の葉、
クチナシ、ハトムギ、蓬に卵の薄皮、
こんなけ入ってます。ちょっとづつでもいっぱいです。
アルコールはウォッカで抽出、

卵の薄皮には
保湿効果の高いヒアルロン酸と似たようなものがある。
保湿効果だけではなく、コラーゲンの合成を促す。

これを集める経緯もさまざまです。

中華街でまぁ、どれだけ時間がかかったか・・・・
日本の無人の売店だったり、わざわざ買ってきてもらったり、
効果もそらぁ・・・期待できるでしょぉ、

と、なるのですが、




夜行バスの往復はしんどかったぁ・・・・・、
今度は是非、電車にしてみたいけど、荷物があったらバスがええ。


まず、迎えてくれたんがこれ、

Bigband jazz
婆さんが店番してる普通の雑貨屋さん。
なのに・・・・・よぉ Bigband Jazzが流れているんだな、
一見場違い、なのに妙に会ってる。でも、売り物はよろしくない。パチ多し。


そこからちょっと先の「王様関連額縁屋」
 王様関連額縁屋さん
そればっかしか売ってません。
「繁盛」とゆう言葉があるんだろうか・・・・・・


これも近所の散髪屋
散髪屋
いつの時代何だか・・・・
流行は繰り返されるって言いますが、繰り替えされているようです。
この二人の間にを入れておけば・・・・・朽ちるまで使えるかも、
 


1cmの世界です。
1cmの世界
細かい手作業です。
いつもなら見向きもしないのに・・・・・あまりの小ささに買ってしまいました。




ブツは・・・・・とっくにお腹の中なんやけど、
あっ! ブツの写真取り忘れ・・・・

私のblogにたまに登場する人がいたはります。

COCO
coco

この間から小さいお店の改装のプランニングのお手伝い。
冗談で描いた似顔絵がえらく気に入って・・・・・計4枚もせびられた。

そのお礼にとゆうことで店の商品の『サフラン』を
実はこれ、私、信用しへんし、
だって、香りも何もあったもんじゃ・・・・ 
まぁタイ人の間じゃ、これがサフランなんでしょぉ、
せっかく頂いたので、そぉ思うことにしました。

ブツをもらって作ったのはこちら、
Pumpkin in India のPumpkinさんが紹介された
『フレンチアラビックな晩御飯「鶏肉のレモンクリーム煮込み」』

Pumpkinさん、心配無用、ちゃんと納得行くスペアを用意しました。



材料は違えど・・・・・

タイのキノコ・人参・お揚げさん入りの炊き込みご飯。
キノコの味を楽しみたいために塩分は控えめ、
お米もジャスミン米にもち米を1割加えたもの、
左のタイ・スコタイ時代風のお茶碗に遠慮がちによそいました。
勿論、他に比べれば新参者。

大根・人参・お揚げさんに葱を入れた麦味噌仕立てのお味噌汁。
かれこれ10年以上使っている生協で買った御わんに注ぐ。
淵が剥げて来ています。

木綿豆腐を水切りし、ごま油でさっと炒めて塩、醤油、酒で適当に味付け、
手前の小皿はおおよそ100年以上経っている
滋賀県は虎姫の叔父宅からの頂き物に盛る。

右奥の小皿、これも十数年前に心斎橋は大丸で購入、
頂き物の胡瓜の奈良漬けを少し、

今晩の食器



こんな風にタイでも食事を頂いてます。


何気に使っている食器も時間が経っています。

改めて、長いこと『ありがとう』

これからも宜しく!





速いともぉ1回ぐらいは済んでるかも、

そぉ、洪水の季節です。


これだよ・・・・





堪忍してもらいたいゎ・・・・
これだよ・・・・2
当然、汚い水です。
植物は嬉しいかもしれませんが・・・・・・
私はいっこも嬉しくない。
 



で、雨漏りも・・・・・・、

 もぉ、怒るで !
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。