2007 01123456789101112131415161718192021222324252627282007 03
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

ご存知の「an inconvenient truth」であります。
an inconvenient truth
見られましたか?
話題をさらった映画です。
注目を集めるものの影で大変な何かが密かに進行している。
私の持論です。
と、こんな記事が飛び込んできました。

『いまカリフォルニアのサンフランシスコ・ベイエリアにあるローレンス・リバモア研究所の
Site 300という試験場で、劣化ウラン弾を炸裂させる“屋外”での実験が
計画されています。かつて50年以上、年間60回にもなるこのような屋外実験は
非公式に行われてきていて、いままでに使用した放射性爆発物は、
なんと150tに及ぶようです。』
「ジャーニーちゃん。さん」とゆう方がmixiで語られています。
(「週刊オルタ」編集長、西山澄夫氏の情報サイトを手伝っておらる方です。)
「一般メディアでは決して流れない情報」を発進されています。
必見です。

話題を戻します。
このような映画に好き嫌いはないのでしょうが、
この「an inconvenient truth」のゴア氏、
語り過ぎ、リンゴ印PC出過ぎ、イメージを作り過ぎ、
うさん臭さまで感じてしまうのは私だけでしょうか?
この方、アカデミー賞を受賞してしまって、末は大統領・・・
また、それた。

確かに、意識を向けることが第一の問題でしょう、
でも、ここでも情報操作をされていることを
頭に入れて見なくてはいけない。

情報操作と言えば・・・・・入ってくる情報全てがそうなんで、
後は自分の眼を磨くしかないのでしょうけど・・・・・
まなこ

        
 
と、好きなことを書いてしまいましたが、
実は、こちらの映画を紹介したかった。 
... 続きを読む
スポンサーサイト
あくび 2007-02-20

あくび(欠伸)は、眠たいときなどに不随意に(反射的に)起こる、
大きく口を開けて深く息を吸う呼吸動作である。
*過度に疲れているとき *退屈なとき *極度の緊張状態
あくびは哺乳類以外にも爬虫類、鳥類などにも起こることが知られており、
発生学的に古い行動だと考えられている。
ウィキペディアより、

とあるが・・・・
長年生きてきた私は、ここで言われている「あくび」を一応に経験している。
 
日本で一番多かった行動は「うつる」から「殺す」かな?
ま、つまらぬところへよく行っていたのだ。


最近復活して来た「あくび」がある。

大あくび
主にここから写真はお借りしました。


そぉ、「大あくび」である。
 

本名:ロティパラタ

今回のキャンプで習得してきました。
 
拝借写真2
ま、こんなに綺麗には出来ませんでしたがね。
出来たらとっくに「ロティ屋さん」になっていますよ、

【レシピ】
薄力粉 1kg 
水   500ccまで・・・・・(?_?)
砂糖  レンゲ 1杯
パーム椰子マーガリン 適当
塩   レンゲ 半分
塩の分量が定かでなくなってきたので作ってみて量が変わるかも。
揚げ物用油適当
全てがプラマン(about)とつきます。

1.水の中に砂糖・塩を入れ溶かしてから粉を入れて捏ねます。
2.硬さがほっぺたぐらいになったらピンポン玉位に切り分ける。
3.パーム椰子マーガリン を生地に練り込みます。
4.均等に混ざったら2,3時間寝かします。 
5.それを薄く伸ばします。
6.バラの花のようにくるっと撒いて、揚げるまでそのまま。
7.直前に広げて揚げる。

こんなもんなんですが・・・・・
 
I have no Idea 2007-02-10


合歓の花やと思うねんけど・・・


十人十色ってゆうけど・・・・
千差万別やろ、やっぱ、

今回のキャンプにもいろんな人のいろんな思いがあって、
ここに集ったんやね、

感想は・・・一言

「難しい」

ポジティブな思いばっかりやない。
ネガティブな思いもあったやろ、

文化が違うねんから疎通が難しい。
ただ手をつないで
「心は一つ、家族になろう」って言っても、
解かり合えるかってゆうたら・・・・・どぉやろ、

まず、情報の多い方が理解せんとあかんのと違うかな?



2007/02/05 
タイ サンカブリ バン・トー・ファン(夢を織る家)にて、

こんなとこ

向こうの方の山はミャンマーです。 そんなに遠くありません。
日本でゆう『雑木林』みたいなとこです。

 P1120714ss.jpg
兎に角、放してきました。 
で・・・・元に戻ったかどうかは?ですが、 

バスやし、時間かかりました。やっぱ待ち時間入れて7時間、
ボロのTシャツで被って、小さい籠でご苦労様でした。
放し方の是非はあれ・・・・・その夜に放しました。

レインボーキャンプの前夜、
ひっそりと放そうと思っていましたが、
すでに私の梟は、私のものではなく・・・・・

歌を歌って放そうと・・・・・

金目は飛んで行ってしまいました。
でも、120バーツは ぼとっ・・・ 飛べません。
人が寄って行って・・・・・最後は木の枝にとまらされて・・・・


そして、人から忘れ去られました。



それはとってもええ。やけど・・・


元へ戻す 2007-02-01

まだ、あんまり公表していない事実、
ただ今、我が家には梟2羽、
最近仲間入りしたコノハズク2羽居てます。
コノハズク小
小さいです。名前は金目。
コノハズク大
その倍以上あります。名前は120バーツ

金目は兎に角、小さな籠に押し込められて可哀想だった。
120バーツはその通り、約360円で買い取りました。
日本からするととんでもない値段なんやと思いますが・・・・
何の運命で捕まったんでしょぉ、
買い取ったものの、ペットにするつもりはなく、

どこかに放鳥せな・・・・・

あんまりバンコクの近くでもなァ・・・・・


たまたまチャンスが・・・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。