2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

本名:ロティパラタ

今回のキャンプで習得してきました。
 
拝借写真2
ま、こんなに綺麗には出来ませんでしたがね。
出来たらとっくに「ロティ屋さん」になっていますよ、

【レシピ】
薄力粉 1kg 
水   500ccまで・・・・・(?_?)
砂糖  レンゲ 1杯
パーム椰子マーガリン 適当
塩   レンゲ 半分
塩の分量が定かでなくなってきたので作ってみて量が変わるかも。
揚げ物用油適当
全てがプラマン(about)とつきます。

1.水の中に砂糖・塩を入れ溶かしてから粉を入れて捏ねます。
2.硬さがほっぺたぐらいになったらピンポン玉位に切り分ける。
3.パーム椰子マーガリン を生地に練り込みます。
4.均等に混ざったら2,3時間寝かします。 
5.それを薄く伸ばします。
6.バラの花のようにくるっと撒いて、揚げるまでそのまま。
7.直前に広げて揚げる。

こんなもんなんですが・・・・・
 
... 続きを読む
スポンサーサイト


今日の「いかした仕事道具」はこれ、お米を炊いていない炊飯器

ご覧のとおり内釜傷だらけなので、本当は使うの気が引けましたが・・・・
使ってみました。
長いことウチの家で働いてくれてました。勿論、子供達が小さい頃から、
長い間、乱暴に使って傷んだ炊飯器

 

出来上がったのは・・・・煮豚~♪ 食べたのは煮豚~♪丼
おいしかったぁ~♪


作り方は簡単です。
今回は肩ロースとバラの塊をほり込み、
水、酒、醤油、砂糖、生姜をお好みで
後はスイッチを入れるだけ、炊飯器君、しっかり働いてくれました。
出来上がった後は、煮汁を煮つめてとろみを付けてお仕舞。

私が手を下したのは、緑を湯がいて、米を洗ってガスにお願い、
両方とも時間を見計らってその後の処理、

で、テーブルへ運ぶだけ。。。。。。
お腹が空いている人達が食べるまでの段取りを、

して、私は食べるのみ、 

後片付けは男共のお仕事と相成りまする。

ご苦労様、
 


さて、今度は何を作ろっかなぁ~?

 
ジャム 2006-07-22

このジャム、ちょっとしたことがきっかけ、

チャンタブリのemさんが遊びに来た時に
「ランプータンやマンゴスチンがいっぱいで食べきれん」
「ジャムにでもすれば?」
このemさん、真っ直ぐな人で、
帰った次の日ではなかったかと思うけど、ジャムを作った。
お砂糖を入れずに炊いただけなのだが、充分に甘い。
これを焼肉のタレにも入れて・・・・美味しいんだ!

人に言っておいて自分では作ったことがない、
このトロピカルジャム、作ってみた。

ランプータン

マンゴスチン


この二種は皮を剥いて・・・・親指が・・・爪が痛い


久しぶりにお昼にお昼ご飯を作りました。

「何か、ない?」・・・・・・('_')

買いに行くのも邪魔臭い、ご飯を炊くのも時間が掛かる、

どないしょぉ・・・・・

パスタになりましたが、あるものは中途半端ばかりです。
 


久しく作っていなかった昼ごはん
今日の写真、ミリアムさんに迫れて嬉しい!

ご覧の通り、
最初はぺペロンチーノで始まってなんですが・・・・
にんにく 好きなだけ、 
プリック(唐辛子) 好きなだけ
竹輪 1本、
ミニトマト 15個、
東京葱 1本、
マスタードシード(パンクキンさんの人参のサラダ参)とアンチョビ、

作り方
① オリーブオイルでにんにくとプリックを弱火炒める。
② 竹輪、ミニトマト、東京葱の順に手際よく・・・
③ パスタを入れて、さっと和える程度、
④ 器に盛り、少量のオイルで炒めた?粒マスタードを振り掛ける。
⑤ 大好きなアンチョビを乗っけて出来上がり。



なんですが・・・・シゲオが 

あかん! 辛ない!・・・
お父さん、なんでそんなに汗かいてるん、こんなもんで辛いんか?

確かに、お父さん、汗、ダラダラです。
さほどの辛さでもないと思うんですが・・・・・



この人、タイ7年目ですが・・・


辛いもん 未だにあきません。


ガピパスタ 2006-04-23


この間の日本で、あっちとこっちで作ってきました。

ナム・プリック・カピ

ディップにしたりソースにしたり、かなりの優れものです。

このソース、ゆで卵とめっちゃ愛想がよくって・・・・

このときはキュウリ、ウドがあったかな? お酒は進むし・・・・困ったもんだ。

水菜のサラダにぁあ・・ちょっと絶句!

美味い!

このパスタ、「ガピ嫌い」のシゲオやReijiがぺロっと食べた。 ええねぇ~、

レシピはこちら
見てくれ・・・も一つ? でも、お味は保障いたします。


タイ人に話したら・・・笑って 「んな あほな~」信じません。

まぁ、よろしぃ、私等だけで食べときます。



これ・・ただのミンチボールを揚げただけなんですが、
スパイスが違うと、こんなに違うんかとゆう一品です。

タイの定番のスパイスに足しました。
パクチーの根っこ、 ニンニク、 唐辛子(プ リッキーヌー)
生胡椒(プリック・タイ)、紫子玉ねぎも入れて、トントントン
◇今回は分量はメッチャ適当です。

スパイスは大き目のパクチーの根っこ、3~4本
ニンニク5~6片・唐辛子5~6本
生胡椒 20粒ぐらい
紫子玉ねぎ 6~8個
だいたい500gの豚挽き肉を使いました。
ミンチに入れてクチュクチュ・・・・
ここに・・・・・レモングラスの千切り入れても美味しいよ、生がいい。
塩を入れて味はしっかり目です。
隠し味で砂糖少々、30分ぐらい寝かせて、
適当な大きさに丸めてディープに揚げていく。

これ、「唐辛子のスライス入りお酢」をかけて食べたら美味しい。
◇唐辛子1本にお酢大さじ2杯


食べ方
お皿にご飯を盛り、キュウリを添えてもキャベツの千切りでもいい。
好きなだけモー・サップ・トートを乗せ、
食べる直前に「唐辛子のスライス入りお酢」を振り掛ける。

普通は生胡椒とか紫子玉ねぎを入れるとは聞いたことがないんですが、
やってみると以外に美味しい。
この分量も適当に・・・ちょっとスパイシーだと思います。

fb51cbe1.jpg


ご存知、これが我家で取れたマムアン・・・って、そうですよ~マンゴーです。酸っぱいです。
これをナンプラーワーンにつけて食べます。
リンゴ・グァバ・チョンプー・生で食べるヤム芋なんかにつけて食べるそうです。
味は・・・・ズバリ、「タイ」です。
タイの味は甘いの辛いの酸っぱいのですから、
酸っぱいのが、この場合果物、甘いの辛いのが、ディップソースになるわけです。

e5c0231d.jpg

レシピはこちら 簡単です。

 お砂糖(三温糖) 50g
 ガピ      小さじ1/2
 ナンプラー   大さじ1
 玉ねぎ少々   大さじ1~2 刻むor擂る
 トンガラシ   3個~刻むor(チリパウダーでもいいよ)
 干しエビ    20~30g
 塩       少々
 水       約30~50ml


これを混ぜます。ガピが硬かったら水を入れて、先に柔らかくしたほうがいいかも。
味は・・・・知っている方は、そのように・・・・知らない方は、思っているより甘く、辛くです。
これで甘いの辛いののディップソースの出来上がり!
マムアン・プリアオ・プリアオ(マンゴーの酸っぱいの)がない方、
酸っぱい果物で挑戦してみてください。


知らない方へ、
ちょっと微妙ですよね、
ナンプラー、干しエビやエビのペーストを果物のディップに使うって・・・
醤油に干しエビ、カニ味噌みたいな感じ・・・・と違います?


タイ料理・ソンブーン・スリウォン店へ行って来ました。
プーパッポンカレーで有名な所です。
何時やったかなぁ?ここでannaとyanis(ギリシャ人)にあったなぁ、
この間、彼等に子供が生まれたってメールがあった。
その時、日本の○○大臣も来ていた。
もぉ、一年になるんか・・・・したんや、改装
・・・で、お味は・・・・・・落ちた。もぉ・・・こん、
これからは、本店に行かないかん・・・


∵¨∵¨∵昔からのピロシキ∵¨∵¨∵

子供が小さかったころ、よく作りました。
でも、いつのころからか封印されてしまいました。

「ギリシャのごはん」のsalahiさんやblog仲間に刺激されて復活しました。
中の味をカレー風味に変えて、パン粉をつければカレーパンですが、
何故かしたことがないのです。

作ると・・・・その尻からなくなって行きます。
そぉそぉ、復活後の変化、スパイシーになったこと

6de76fd6-s.jpg



強力粉 300g  牛乳・水 150cc  ドライイースト 大匙1
油 大匙1  砂糖・塩 各小さじ
=======
牛ミンチ 200g  ねぎ 大1個  人参 50g  ゆで卵 1個
トマトペースト、ソース 各大匙1
塩・胡椒 適当

1.パン生地を作ります。強力粉・イースト・砂糖・塩・牛乳・油を混ぜて、よく捏ねる。
パン生地の作り方は、敢えてここでは記しません。第1次醗酵へ。

2.具を作ります。玉ねぎ・人参を刻み、炒めます。ミンチも加えます。
味付けはトマトペースト・ソース・塩・胡椒で好みにします。
火を止めた後、ゆで卵を小さく切って混ぜます。

3.1次醗酵後、ガス抜きをして、生地を12等分に分けます。
1個分の生地を伸ばします。具を包み込む。
(綴じ目に油がつくと、生地がくっつかなくなるので注意です。)

4. 15~20分休ませた後、揚げて行きます。揚げ時間。10~12分です。
これもパン生地の厚さによりますので、気をつけて! 出来上がり。

スパイシーにする方法はいろいろあるようですが、私は・・・
最初にトンガラシを2,3個ゆっくり炒め、思いっきり咽て咳をしてから
他のものを加えて行きます・・・・辛味をいっぱい出す方法です。

         適当takoomeのレシピでした。



d26a6a6d-s.jpg

ナンプラーと同じく、アミノ酸やペプチドをたっぷり含んでいる栄養価の高い調味料です。
オキアミを塩漬けにして、発酵・熟成させた物を乾燥させたおいしい調味料です。
採れたてのオキアミを塩と混ぜ、一晩ねかせます。
約半日天日干しして、細かくし、それを漬けて1ヶ月ほど置けば出来上がりです。
半年ほど経ったものが、“おいしい”といわれます。
また、カピは固形、ペースト、液体とさまざまな種類があります。

ガピの使い方
★タイでゲーンと呼ばれるタイカレー
★タイ風天ぷら、生・茹で野菜などをつけて食べるナムプリック・カピ↓
★ご飯に混ぜ込んだカーオ・クルック・カピ↓
カピは発酵食品特有の強烈なにおいを持っていますが、
焼くことによって香ばしい匂いに変わります。

息子達は焼かないで使うと〔タイ人はそんなに焼かない〕生臭い!と言って嫌がります。
 

∵¨∵¨∵¨∵ナムプリック・カピの作り方∵¨∵¨∵¨∵
033665d6-s.jpg

材料
ガピ     大さじ2
(ホイルに乗せてオーブントースターで焼くと香ばしい!)
ニンニク   3~4片
トンガラシ生 3~5本(かなり少ない目)
パームシュガー  大さじ2(出来ましたら・・・)
ナムプラー  大さじ2
レモン汁   大さじ2(ライムでもよし、好みで増減可)
干しエビ   大さじ1~2
6df82120.gif


時間が掛かるかな?かからないか、それはあなた次第!
丼茶碗に入ったジョークには生姜をいっぱいかけます。
お好みでお酢、チリパウダー、お砂糖、ナンプラーで
あなた好みのお味に仕上げてください。これがタイ風です。。

aefa9724-s.jpg



∵¨∵¨∵¨∵材料∵¨∵¨∵¨∵

ごはん   お茶碗 1杯
水     お茶碗 5杯orそれ以上
豚ミンチ  100gもあればいいでしょう
豚レバー  20g 嫌いな人はいらない
豚腸    20g 嫌いな人はいらない
胡椒    大好みだが、多め
塩     少し(お粥の味を引き締める程度)
卵     一人一個づつ
生姜千切り お好みだが、多め
葱     お好み
砂糖・酢・チリパウダー・ナンプラーは適当

∵¨∵¨∵¨∵作り方∵¨∵¨∵¨∵
1、お鍋にご飯と水を入れて炊きます。ご飯粒がつぶれてしまうぐらいまでです。
弱火でことこと、焦がさないように気をつけてください。

2、豚ミンチはお砂糖をほんの少し入れて、煉ります。内臓を入れる場合は、レバーは生で、腸は前もって湯がいておきます。

3、ご飯がドロドロになってきたら、そこへミンチをちぎっては入れ、ちぎっては・・・一緒に内臓も入れてしまいます。ここでお塩を入れて味を少し調えてもいいでしょう。
 
4、丼茶碗に卵を割り入れます。その上からジョークをかけ入れます。
生姜の千切りをのせ、葱を散らし、胡椒を振りかけます。

5、最後にタイの真髄、砂糖、酢、チリパウダー、ナンプラーで自分好みの味に仕上げます。

タイでは小さく砕いたお米を炊きますが、ここではごはんから作るのを紹介します。
お粥の早く作る方法の一つに、水とごはんをミキサーにかけてしまうとゆう方法もあるとか?
風邪を引いた時には、お腹にも体にもやさしい、胡椒と生姜がいっぱい入りジョークをどうぞ、

タイではジョーク用のお米が売られています。屑米のようです。
それを使ってすれば、もっと美味しくなるかも。


今日は小松菜モドキで作りましたが・・・、何でも使えます。
白菜、青梗菜、青菜類、などなどオールマイティーです。
それはもぉ、あなたの腕に掛かっています。

8c86814a.jpg



材料
小松菜モドキ   一束
豚肉     50g~100g〔少ない目で十分〕
〔細切れでもミンチでも部位はどこでも〕
ニンニク   3片
トンガラシ  2個
炒め油    大さじ1〔何でもいい〕
ナム・プラ~ 小さじ1/2
タオチオ   小さじ1/2
水      大さじ3~4
隠し味に砂糖 少々 


1、中華鍋にオイルを入れ、弱火でニンニクとトンガラシを炒める。
  〔★ゆっくりと、この香り、トンガラシが多いほど、咽るが、そうでなくては美味しくない〕
2、豚肉を入れて炒め、野菜を入れる。野菜から水分が出てくれば、水の量を減らす。
3、調味料を入れる。自分好みの味に仕上げる。

これだけなのだが・・・・調味料の説明を、


これは以前、「クックパッド」とゆうお料理のサイトに載せたものです。
残念ながら、私はこのサイトに身を置くことを良しと出来ませんでした。
改めて、こちらで紹介することにしました。


とにかく、こんな'サラダ"があってええもんか!と驚きの一品でした。
好き!といえばどの友達も作ってくれる。
みんな味も、作り方も違います。

でも、こりゃぁ・・・自分で作らないかんと奮起した一品でした。

ソムオー(ザボン)   5~6片
カシューナッツ(ピーナツ)1/2カップ
干しエビ   1/2
エビ   一人 2匹程度
玉ねぎ   1/4
緑のマンゴー   1/2カップ 無ければいらない
無ければキュウリ   1本位かな?
ナムプラー   大匙3
レモン   大匙4
砂糖   大匙2
チリパウダー   小さじ1/2


1、マンゴー(無ければキュウリで代用可)は千切りにして塩少々、
もんで冷水で洗い水気を切る。
カシューナッツ、干しエビは揚げておく。生のエビもボイルしておく。
2、ナムプラー、レモン、砂糖、チリパウダーを混ぜてタレを作る。
3、ソムオー、マンゴー、干しエビ、玉ねぎのスライスを入れ、タレを加えあえる。 4、皿に取り、上からカシューナッツをかける。


さて・・・??何人分って書けない、いくらでも食べれます。

感想は・・・甘い、辛い、酸っぱいの三拍子そろっているタイの味です。


残念ながら写真がありません。今度撮ったら載せておきますね、
タイの豚ミンチ入りお粥

タイでは、朝食や軽い食事に作ります。もっともここでは、みんな屋台に買いに行ってるけどね、

まず、お粥さんを作っておくことが前提、これもどろどろのあり~の、さらさらのあり~の、
さまざまです。お好きなタイプでトライしてください。
91a20345.jpg



お粥さん
豚ミンチ  100g~150g
パクチー  好きなだけ
ニンニク  好きなだけ
トンガラシ 1個
葱     好きなだけ
コンソメ  小さじ1/2
塩・胡椒   少々
ナム・プラーor醤油 好きなだけ

500847c6-s.jpg


1.パクチーの根(茎でもok)、ニンニク、トンがラシなどをトントンとつぶす。
すり鉢を使ってもいいと思います。

2.豚ミンチの中に胡椒とこのペースト状になったものを1/4ほど入れて、練ります。
ここにほんの少し、お砂糖を入れてもいいかもしれない。

29a1c5a7-s.jpg


3.①のペースト状になった香味野菜ものを低温で炒めます。
香りがたってきたところで、ミンチを適当に丸めて、一緒に炒めます

4.お粥に③の炒めたものをみんな入れ、コンソメ、塩、胡椒を入れて少し炊きます。

5.出来上がりにパクチー、葱などを入れ、ナンプラーや醤油で自分好みに味を調えますます。私は卵、若布などを入れます。

メモ:パクチーできれば根っこから使いたい。豚ミンチにラオチュー入れてもいいかも! これは鳥肉でも魚でも何でも応用が利きます。

注意:風邪引きの時は、油を摂らない方が良いと言われていて、この炒めるとゆうことをせずに、ただ、みんなお粥に入れて炊く。

これからちょっとづつレシピを増やして行こうと思ってます。
よろしく!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。