2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

久しぶりに午前中、NHKを見た。とゆうより、やっていた。

感心したよ、「50代からのデイリーメイク」だと・・・・
こんなに懇切丁寧に説明されて、それを日本人はやってんだ~、
私も日本人だけどね、 せんなぁ、

日本人女性が 「綺麗」 と言われるのはここにあるのか・・・・

ユトリ ですかね、

そでて、NHKのWEBSATEを開いてみると・・・・・
あるはあるは、暇な人の時間つぶし、

こんなのにトライして見つかるのか疑問ですが、
取り合えずってとこでしょうか?

こんなことが身に付くのって・・・・・並大抵じゃぁないと思うのですが、

中にはそうゆう人も出てくるんだろうなぁ、


 記事とはなんら関係ございません


私のしたいこと・・・・写真、糸紡ぎ、石けん作り、お菓子作りに美味しい料理・・・・・・

でも、一人じゃつまりません。




 
スポンサーサイト

作ってます、この水。 

日本にいてたら、きっと美しい肌になっていたに違いない私の秘密の水。

こんなんですけど・・・・原液


 
美しい瓶に入れてお見せするとよかったんでしょうが・・・・

実際はこんなもん、舞台裏です。
絞りかすは・・・・茶殻のようになっています。

雪ノ下、牡丹皮、ウワウルシ、当帰、芍薬、カンゾウ、
ローズマリー、カモミール、枇杷の葉、桃の葉、十薬の葉、
クチナシ、ハトムギ、蓬に卵の薄皮、
こんなけ入ってます。ちょっとづつでもいっぱいです。
アルコールはウォッカで抽出、

卵の薄皮には
保湿効果の高いヒアルロン酸と似たようなものがある。
保湿効果だけではなく、コラーゲンの合成を促す。

これを集める経緯もさまざまです。

中華街でまぁ、どれだけ時間がかかったか・・・・
日本の無人の売店だったり、わざわざ買ってきてもらったり、
効果もそらぁ・・・期待できるでしょぉ、

と、なるのですが、


2007-07-23

皆様は自分にぴったりの枕をお使いですか?
何か・・・結構昔に枕の専門家や専門店が出来ましたよね、
今もでしょうか? 何もそんなお商売の宣伝ではありません。

「ぴったりだ」 
と思われている方がいらっしゃったら、それはもぉ、最高の幸せ。

羨ましい至りです。
私は未だに 「これ!」 といった枕に巡り合っていません。

結局、長年愛用している枕はこれ、 
安上がりと言えばそうなんですが・・・・
見たとおり、バスタオルもしくはハンドタオルをたたんで使っています。 

私がこんなふわふわのものを使ったら大事です。
一見リッチな、でも私にとっては・・・・えらい事に・・・



ちなみに寝室です。まるでどこかのドミトリーですが・・・・
 この家で一番ましなベット

 


結構、コンフォータブルなのですよ、


マナ、枯渇 2007-07-19


マナ:遍在する超自然的エネルギーで、これを槍や網などの道具類、
もしくは病気・疲労などで衰弱した人に注入することによって、
より望ましい状態に変化させることができると考えられている。
ウィキペディアより

私がこの言葉に出会ったのは少女だった頃、
ラリー・ニーヴンの代表作『リングワールド』
1970年度のネビュラ賞、ローカス賞、1971年のヒューゴー賞を受賞
この本の中で「マナ」は、太平洋の島々の伝承における神秘的なエネルギー、
魔法の源たる有限の資源と設定しされている。
RingWorld

  

そのマナが私の体から枯渇してきています。

あくび 2007-02-20

あくび(欠伸)は、眠たいときなどに不随意に(反射的に)起こる、
大きく口を開けて深く息を吸う呼吸動作である。
*過度に疲れているとき *退屈なとき *極度の緊張状態
あくびは哺乳類以外にも爬虫類、鳥類などにも起こることが知られており、
発生学的に古い行動だと考えられている。
ウィキペディアより、

とあるが・・・・
長年生きてきた私は、ここで言われている「あくび」を一応に経験している。
 
日本で一番多かった行動は「うつる」から「殺す」かな?
ま、つまらぬところへよく行っていたのだ。


最近復活して来た「あくび」がある。

大あくび
主にここから写真はお借りしました。


そぉ、「大あくび」である。
 
「歯」 2006-11-24

ただ今、「歯」の治療中です。バンコクに来て3度目です。

「海外は保険が利かないからしていかないと・・・・」
タイに来る前に出来る限り治してきました。
みんな治したつもりでした。お医者様もそう仰いましたが・・・・

2年せず、発症致しました。実に困りました。
タイ語も英語も・・・・ドクターと話せるだけの力はなく、
通訳付きの所へ・・・・・
そこで初めてこんなんを使われました。
ラバーダム、歯医者さんのサイトからお借りしました
ラバーダム、歯医者さんのサイトからお借りしました

日本より進んでるんやなぁ・・・・ちょっと感心、
治療代・・・・・・・・・・・・・かなりびっくり、
たかっ!!! 

しかし、その総合病院は応急処置で、数ヶ月後、再発、
今度は高い歯医者さんへ、ここで 「インプラント」
今ほどは高くなかったです。
日本から持ってきた虫歯、ここでほとんどやり直し、
タイドクター「治療がしっかり終っていない」と・・・・・

私、しっかり歯の管理はしていたんですよ、
甘いものはあまり取ってませんし、

なのに・・・
2006-09-12

先週末は出費の日でした。
当分、週末続きます。

何年もほったらかしにしていた歯がいよいよ・・・・

シゲオです。
虫歯


ぼろぼろになった奥歯の虫歯が2本
目玉飛び出します。勿論、保険は利きません。
歯医者


何が、お面白いって・・・・
写真撮らしてくれリクエストに快く応えてくれる先生、
そして・・・写りが悪いと、撮り直せと・・・・



それにしても何時もはこんなに仲がよいわけじゃぁ・・・・
今回は実に親子絶妙のタイミングで・・・・
父親も歯医者がよいです。
歯茎の炎症があって、痛いと・・・・


こちらは終に・・・・



そぉなんでしょぉか?

全く無いわけではないけど・・・・・
タイに来て平均年1回はあるから・・・そぉとも言えるんかなぁ~

兎に角、えらい悪寒がして・・・・高熱が、多分40度近く、
気が利く奴がいたら体温計でも持ってくるんやろけど、
誰も・・・・知らん顔ってゆうより、夢の中。
仕事中の旦那を電話で呼び出して、『布団持ってきて~』

布団をかぶせて行ってしまいました。

その夜、七転八倒の苦しみの中、
エンドレスの悪夢ロールプレイングをやってるような・・・・・

腰が痛い・・・首が・・・・肩が・・・・昔の古傷が悲鳴を上げる。

 

朝の目覚めが夢なんか・・・・わからんまま・・・・
いや、朝やってんや・・・・・

「はい、お粥、食べや!」 レイジが明太子入りのお粥を、
一息ついて食べ始めました。
ありがとぉ、やねんけど・・・・塩入れてくれんかなぁ・・・・
美味しゅう食べれるのに・・・・・

これは クリヤ

つゆ草
 


私には1年前に発病した慢性疾患がある。

当初は海外傷害者保険を使っていたが、それも3ヶ月しか使えない。
その期間が終わる時にかなりの量に薬を処方してもらった。
毎日半錠、10錠シート2枚で400バーツ(less than1200円)
高額ではないと思ったんやけど・・・・・

お医者様が直接薬屋で買い求めるように薦めてくれた。 
今回、薬屋で買い求めた金額は驚くものでした。

毎朝飲まなくては・・・・・

100錠 100バーツです。(ただ今300円していません)

町場の薬屋さんで買えないのは睡眠薬と精神安定剤だけだそうです。
そのほかの薬はほとんど手に入る。しかも驚くほどの安価、
でも、この薬、ず~っと飲み続けなければと言われています。
自然治癒力を信じてもだめだ!そうなんですが・・・・
いろいろネットで調べてみても、それらしいことが書かれています。
さて、本当のところ飲み続けるから治らないのか、どうだかわかりません。

こんな薬も買いました。
水虫用に汗疹用

水虫用と汗疹用です。
こちらは両方とも20gであわせて250バーツ(約750円)
こちら、実によく効く薬です。でも、化学合成・・・・・
ユーカリのエッセンシャルオイルでもいけるのでしょうし、
桃の葉のローションを作っても・・・とも思うのですが、
いかんともせん、即効性を求めてしまいます。
これも・・・使いすぎるとだんだん効かなくなって来る。


そして・・・・これは・・・・どうでしょうか?

 さ~て・・・怪しい薬でございます


これ・・・・なんざんしょ?



夕方から誰もいなくなった。

シゲオはテスト、
レイジはワーク・エクスペリエンスちゅう授業の一環で仕事経験・・・
旦さんも・・・お客様とお食事・・・・ 

私、一人です。

何か、ほっとして、久しぶりにやりたくなりました。 

シーウィードパウダー 小匙 1
ホワイトクレイ    大匙 1
バナナ        半分
ヨーグルト      大匙 1
スイートアーモンドオイル 大匙 1
オートミール     少々

みんな混ぜます。
おいしそぉだ!



もぉ一つ

卵の黄身   1個
蜂蜜    大匙 1
ココナツオイル 大匙 3
グリセリン   小匙 1
ローズマリーEO 5滴

これも混ぜます。
  卵・・・どぉする・・・

 
さて・・・・・・・・・・



先週の金曜日、学校がスポーツデイ、
シゲオはそのまんま、さて、何してきたんかな?
ワイルドライフトリップ。詳しいことは知りません。
日曜日、映画を見て帰ってきました。

その後、異変は起こりました。
熱がでて、お腹が壊れ始め・・・・・頭がガランガランと・・・・・・・
そしたら・・・・こんなことになってしまいました。
こんなことになってます・・・・(;O;)


食中毒!

さて、何を食べたのでしょうか?シゲオだけなのでしょうか?
明日診断書、学校に出します。 

病院では、英語でとお医者さんをお願いしました。
散々待たされた挙句・・・・・タイ語だ~! 通訳しろッてか・・・・
とにかく先生は、お腹触って・・・「腹痛が先か? 頭痛が先か?」

「あっそぉ! これ食中毒、注射ネ、入院したい?」 いえいえとんでもない。。。
薬もいっぱいもらってきました。約1時間で終了。

ええ加減、堪忍してもらいたいです。。。。。

ま、本人さん、苦しんではりますから、良しとしておきましょうか、

 

2006-01-12
タイの薬は強い。
風邪薬をお医者さんに処方してもらう。
日本じゃ、1週間たっても治らないのはザラだが、ここじゃ、すぐに治ってしまう。
出る薬が、解熱剤、抗生物質、咳止め、鼻水止め、去痰剤。
この解熱剤が「パラセタモン」


日本ではお馴染みの名前ではありませんが、「アセトアミノフェン」はご存知でしょう。 
感冒の解熱、頭痛、耳痛、咽頭痛、神経痛、腰痛、筋肉痛、打撲痛、月経痛、歯痛などに使われています。市販の風邪薬(パブロン、エスタック)や鎮痛剤(ノーシン)等にも含まれています。
成分:paracetamol 500mg、カフェイン 65mg、コデイン 12.8mg、
日本人の適量: 大衆薬は1錠あたり 300mg、1日3回までだそうです。
それに比べて欧米人は325~650mgを1日4~6回服用するそうです。
また、水に溶かすタイプもあるとか・・・
映画なんかで見られる、コップに入れてシュヮ~!

タイ人の「パラセタモン」の消費量もなかなか派手です。
よく「子供の手の届く所には・・・」とゆう一文が薬の箱には書かれていますが、
タイに住んでいる限り、誰も守ってはいない。いや、高い所に置いても勝手に子供が取る。
「子供が薬を沢山飲んだ、大変だ~」と医者へ駆けつけるが、
そこで出た薬も子供が勝手に飲み干してしまう。
処方も注意もあったもんではない。誰も守ろうとしない。
親が「ダメ」と言っても子供が聞かないのは常ですが、
命に関わることは別・・・・ではないのです、ここは。

この続きは駆虫の話です。
タトゥーの道具



こんな道具を使います。
最初、タトゥーといえばエイズが心配でした。清潔なところですればいいのでしょうが、サンデーマーケットの中なんぞはもってのほか!
では、何処ですればよいのでしょう・・・それが分からなかったから今まで出来なんた。
なんせ、バンコクの駐在員奥様方とは、とんとお付き合いがございません。そういう情報はほとんど入ってきませなんだ。

でも、何でもいい、タトゥーとゆうものをしたかったん・・・・
よかったのよ、肩でも腕でも足首でも何処でもよかったの、ただ、チャンスが無くってね、今回眉毛とゆうことで、でっかい顔してやってきた。

私の行ったところは高かった。
これは安心料金と思ってる。

まず・・・・

今朝早くから、旦さんはどっかの工場へ視察に行かはった。
Shigeoは夕方から例の「カポエイラ」道場へ行くって、Reijiは友達の家に遊びに行くところ、風邪でキャンセル、不貞腐れ寝。

私は病院へ血液検査に行く日。
でも、なかなか起きられなかったのは夜中の3時までCDをコピーしてたから。
日曜日に借りて帰った「アイリッシュのCD」300枚はあるよ!って・・・そんなにはコピーしなかったけど、200枚ぐらいやったかな・・・? それに追い込みをかけてたわけ、

結局、病院に着いたのは11時前やったかな?
あ、そうそう、ここの病院、休みってないンよ!日曜日もやってるよ、普通に。
質問 「何で?」 答え「病人に休みある?」明解!そうです。
多分、日本の病人には休みがあるのでしょう・・・・・・

話は戻って、今年はじめに体調が悪かった。更年期にも入ってるから・・・・・・それかな?ってちらっと、
朝、起きれない。瞼が重い。異常に眠い。
今までになかったこと。丁度、AIU(海外障害者保険)の切り替えの時期で、タイの生命保険会社にコンタクトをとっていた。


これが私の体・・・・・


トルコから帰って来て間もなく、首の後ろ左側の筋が攣るようになって来た。いつもと違うんやけど、下向いたら・・・・・

そんで肩甲骨も痛くなってきて、
勿論、腰痛持ちやから、それも痛くなってきて、
なんか、左胸、肋骨を押すと痛い!
中のほうやないし・・・・・

心配になって、病院に行って来た。

「この軟骨のところが、炎症を起こしてます。無理しましたか?・・・・・しましたね、重いもの、持ちましたね」旅行に行ったことをあらかじめ話してあったので、話は早い。
当分、重いものも持つな、無理するな、激しい動きもダメだと・・・・

静かに過ごします。

マッサージ・・・・もダメ!


昨夜からえらく腰が痛い、胃も重痛い。何やろか? 今日も、買い物に行かなあかんのに・・・・・・。
朝、ゆっくり目にシャワーへ・・・・・・・なんで寒いの?シャワーが寒い・・・・・・
水やないよ、
気温は34度、暑ない・・・・・やばい・・・・・風邪や。
節々は痛くなる、冷や汗のようにアセはダラダラと出てくる。
あわてて抗生剤を飲む、  数時間横になって、汗をもっとかく。
まだ、扇風機をつけられない。風が寒い。熱がまだある。
体感は暑ないけど、いつものように汗は・・・・・
夕方近くになって、腰痛は無くなった。
さて、明日はどおゆう状態で出発できるんやろか?
 心配や

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。